Click for a larger view
KilpatrickAudio carbon1
KilpatrickAudio carbon2
KilpatrickAudio carbon3
 

製品の特徴

  • リアルタイムレコーディング、ステップレコーディング、和音のレコーディングが可能
  • トラック毎に1パターンあたり64ステップまでの打ち込みが可能
  • トラック毎に2つのアウトプットをアサイン可能
  • ポリフォニックトラックはコードとCCデータを保存可能(ノートナンバーを含めステップ当たり6イベント)
    ノートの長さとベロシティーは1音毎に独立して記録可能
  • ゲートパターン機能でトラック毎にクイックリミックス可能
  • シーケンサーを走らせながらスタートポイント、エンドポイント、走行モード、トランスポーズ、トラックのミュートなど、ほとんどのエディットが可能
  • 複数のトラックのパラメーターを同時に変更可能
  • 異なる拍子のスイングを自動処理可能
  • MIDI/CVのフレキシブルな出力ルーティング
  • 高解像度の正確なインターナルクロック搭載
  • シーケンスフレーズをトランスポーズ可能
    キーボードやバイアストラック(他のトラック)から複数トラックの同時トランスポーズ制御も可能
  • 6つのシーンを登録し、ライブパフォーマンス中に瞬時にパラメーター変更が可能
    (ソングモードではシーンの変更も記録可能)
  • 2MBのフラッシュメモリーを搭載しており、64ソングまで保存可能(PCからのデータ管理も可能)
  • キーボードスプリットやライブマルチセレクトモードなど瞬時にフレキシブルなMIDIルーティングが可能
  • トラック毎にパワフルなアルペジエーターを搭載しておりシーケンス、ライブ演奏両方で使用可能
  • LIVEモードではCARBONのスケール機能やアルペジオ機能を使用して演奏可能(KeySpritも可能)
  • CV ポリフォニックモード
    クアッドモード: 4CVアウトを使用してポリフォニック出力
    デュアルモード: デュオフォニック×2ペアで出力
  • CVスケーリング
    1V/OCT、1.2V/OCT使用可能
    Hz/Vは現在未サポート(将来的にファームウェアアップデートでサポート予定)
  • 記録されたCCはCVアウト可能
  • 打ち込みにはMIDIキーボードの他にクラスコンプライアントに対応したUSBコントローラーをCARBONに直接繋いで使用可能
  • USBを介してPC⇔CARBON間での同期、シーケンスの送受信が可能
  • インターフェースモードに切り替えるとCARBONがPCのコントローラーとして使用可能(ツマミ/ボタンの両方が使用可)
 

スペック

リヤパネル
  • アナログクロックアウトプット、リセットアウトプット
  • 4×CVアウトプット
  • 4×ゲートアウトプット
  • 2×MIDIアウトプット
  • MIDIインプットプット
  • USBホストポート(500mAまでのUSBコントローラーを接続可能)
  • USBデバイスポート(DAWとの同期/MIDIデータ送受信/本体データ保存用)
  • パワースイッチ
  • 電源インプット
フロントパネル
  • カラーLCDスクリーン
  • 6個のロータリーエンコーダーと19個のボタン
付属品
  • ACアダプタ
  • USBケーブル

本体サイズ

  • 奥行210mm幅196mm高さ75mm(突起物含む)
 

動画

KilpatrickAudio PHENOL, Roland αJuno-2,Roland D-550, ELEKTRON Machinedrum SPS-1をCARBONからコントロールしている動画です。(打ち込みにはKORG nanoKEYを使用)

ステップレコーディングやリアルタイムレコーディングでコードや単音フレーズを打ち込んだ後、
  • トラックのゲートパターンをリアルタイムに切り替え
  • 鳴らしていたシーケンスフレーズからCARBONのLIVEモードに切り替えてアルペジエイターをONにして手弾き
  • シーケンスフレーズのランダマイズ機能
  • シーケンスフレーズをマイナースケールに変更
  • シーケンスフレーズの長さやゲートパターンを変更
などなどいろんな機能を紹介している動画です

 
(動画も多数あります)


 
じっくり試奏していただけますのでぜひ遊びにご来店下さい!
(Carbonは単体のシーケンサーになりますのでシンセや音源モジュールなど、機材を持ち込んで試していただいても大丈夫です)
お問い合わせはimplant4までお気軽にどうぞ!